4型から突き上げ感が減ったハイエース

車を選ぶ基準の1つは、乗り心地です。できるだけ乗り心地が良い車を選びたいと思うのは、やはり自然な発想でしょう。
例えば、デコボコ道に対する強さは案外大切ですね。デコボコ道を走るとなると、車がある程度揺れるのは仕方が無い一面があります。しかしそれも車によって、揺れ方が大きく異なる一面があるのですね。たとえデコボコ道になっていても、比較的揺れづらい車があるのも事実です。

 

突き上げ感で乗り心地に問題があった従来のハイエース

 

ところでトヨタから販売されているハイエースは、実は従来はそのデコボコ道に対する弱さがありました。というのも以前のハイエースは、少々取りづらい一面があったのです。
前述のようにデコボコ道にさしかかれば、やはり車の突き上げ感などが発生してしまうでしょう。それで一部の方々はその突き上げに難色を感じて、ハイエースは少々取りづらい車だと感じていたのだそうです。確かに車に乗っている時に下から突き上げるような感覚が連発してしまいますと、取りづらいと感じるのも自然ですね。
ハイエースという車は、積載量に大きな特徴があります。かなり多くの荷物を積むことはできるのですが、突き上げ感に伴う乗り心地に問題があるので、少々乗りづらいと感じている方々も多かったそうです。
つまりデコボコ道に弱かった訳ですね。
ハイエースの下取り価格

 

4型になってから突き上げ感が減った

 

ところがその車種は、ある時にマイナーチェンジが行われました。それまでのハイエースは、3型と呼ばれていたのです。そしてマイナーチェンジにより4型と呼ばれるハイエースが登場したのですが、それでだいぶ改善されたと言われています。
現に3型の時代からハイエースに乗っていた方がいらっしゃるのですが、従来の突き上げ感に比べればだいぶ改善されているので、かなり乗りやすくなったとおっしゃっています。
ですので従来までのハイエースの乗り心地の悪さに関するイメージは、今や払拭されつつあるようですね。もちろんハイエースは、今後もまだチェンジが行われる事でしょう。その際には、乗り心地なども改善されると考えられます。
ただしハイエースを購入しようと考えている方の中には、あまり乗り心地を重視しない方もいらっしゃるでしょう。乗り心地は犠牲にしても、中古車でリーズナブルなタイプのハイエースを購入したいと考えている方も、中にはいらっしゃると思います。
4型は3型よりも乗り心地は改善されていますが、その分金額は高めになってきます。ですので金額を重視するのであれば、3型の方が4型よりは良いと考えられるでしょう。